2018年 ダイエットを成功させたいと考えているあなたへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます!

本年もボーンブロスダイエットブログをよろしくお願いいたします。

2018年という新年を迎えて、今年、絶対にダイエットを成功させようと考えている人も多いのではないでしょうか?

私はそんなクライアントさんによく「ダイエットはやめよう!」と話しをしています。

ひとつは、従来型のダイエットにほとんど効果がないことがあげられます。

体重を減らす方法はいたってシンプルですが、従来型のダイエットでは9割がうまくいっていません。

厳しカロリー制限や、食事制限は、脳を飢えさせ体を飢餓状態にして、あなたの食欲を増やします。

ダイエットをやめた瞬間に基礎代謝の減った体は、リバウンドをしてしまうのです。

私たち、ボーンブロスダイエットで提唱していることは、従来のダイエット法の考えを根底から変えていきます。

【ボーンブロスダイエット5つの約束】

 ①カロリー計算しません。

 ②食べる量を減らしません。

 ③空腹を我慢しません。

 ④体重計に乗りません。

 ⑤ハードな筋トレ、有酸素運動などの運動はしません。

これら従来のダイエットではお約束のようにいわれてきたことを、ボーンブロスダイエットではやりません。

そのかわりに、ライフスタイルを変化させ、習慣化することにより、一生理想的な体と健康状態を維持するライフスタイル戦略を提案しています。

2018年、あなたがこのサイトを目にしたのは、偶然ではありません。

潜在意識で、あなたはボーンブロスダイエットに期待し引き寄せているのです。

この無意識の力を使うことにより、ライフスタイルを変化させ、ダイエットすることなく、理想の体型と健康状態を手にすることができます。

最も成功するダイエットは、大きな目標を設定し、ライフスタイルを少しずつ変化させ長期にわたり実践できるものでなければなりません。

今日は、ここにあなたが2018年に実践できるライフスタイル戦略をご紹介します。

なぜ?体重を減らしたいのか考える。

あなたは体重を減らしたいと思っていますが、その理由はなぜですか?

新しいライフスタイルプランを始めるときに、なぜあなたがそれをやりたいのか自分自身知ることが、あなたにとってとても重要です。

あなたの目標は体重を減らすことかもしれませんが、それは「目標」であっても「理由」にはなりえません。

あなたは、体重を減らして、健康になろうと思っているかもしれません。

あなたは、理想の体を手に入れて、可愛い彼女や、カッコいい彼氏と付き合いたいと思うかもしれません。

あなたは、疲れやすい太った体とおさらばして、朝から晩まで疲れを知らず働けるような体を手に入れたいかもしれません。

あるいは、かわいい既製品の洋服を買って着れるようになりたいことかもしれません。

理由が分からない場合、理由がわかるまで、深く掘り下げてみましょう。

あなたがダイエットを始めたい理由が分かったら、紙に書いてみましょう。

そしてトイレや冷蔵庫に貼っておき、あなたのライフスタイルプランを実現させたい理由を毎日何度も思い出してください。

環境を変えてみる。

あなたの収入は、あなたと一番よく時間を過ごす友人5人の収入の平均になると聞いたことがありませんか?

そのアドバイスは、健康面でも同じことが言えます。

あなたのライフプラン戦略を実行する上で、あなたの友達が何を食べているかが重要になります。

あなた友達が宴会好きで、食事にピザとビールが付いている場合、あなたは多くのことに対処する必要があります。

あなたの減量目標を達成するための鍵は、障害を取り除くことです。

あなたのライフスタイル戦略を達成するために、友人を捨てる必要はありませんが、あなたにあなたの望まない食事すすめるなら、あなたは食事の時間を過ごす相手を選ぶ必要があるかもしれません。

あなたが食事をする相手を変える必要があると感じたら、いつも食事をしている人にまず宣言してみましょう。

「私は、私を変えるためのライフスタイル戦略を実行する!」と。

さらに良い方法は、あなたのライフスタイル戦略を達成するために、新しい友達を作れる状況に身を置くことです。

あなたは、ケトジェニックの料理クラスに参加してもよいですし、スポーツジムやヨガ教室に通ってもよいでしょう。

あなたがやろうとしているライフスタイル戦略を、すでに実行している仲間がいるボーンブロスダイエットコミュニティに参加してみましょう。

すでに目標に向かって進んでいる友達を楽しい方法で作ることができます。

また、Facebookには、同様の興味を持った近くの友達を探すためのグループがたくさんあります。

美味しくて、栄養のある食事をする。

あなたが前に取り組んだダイエット法は、数年前の低脂肪、高炭水化物のダイエット法だったかもしれません。

これは、あなたがリバウンドしやすい従来型のダイエット法についてよく知っていることを意味します。

それゆえに、良質の脂肪があなたにとって良いこと、あなたの脂肪を減らそうとしていることには懐疑的かもしれません。

あなたがケーキや、甘い食べ物や、スナックを食べると、血糖値の上昇と下降により、シュガークラッシュとエネルギークラッシュが起きます。

それは砂糖を食べることによる血糖値とインスリンのスパークに起因するもので、とくに炭水化物を食べると顕著に表れます。

インスリンは、また血糖から変化したグルコースを脂肪細胞に脂肪として保存するよう働きます。

減量しようとしている人は、このインスリンのスパークを抑え、血糖値を常に安定させることが大切です。

脂質は炭水化物やタンパク質よりもインシュリンレベルへの影響が少ないので、シュガークラッシュや、糖質ロス、体脂肪の蓄積を心配する必要がありません。

脂肪はまた、一緒に食べる炭水化物の吸収を遅らせ、血糖値を維持して、炭水化物レベルを維持し、砂糖を食べた場合と同じようにインスリンスパークを発生させません。

脂肪は、完全にインスリンを安定的に保つことができます。

つまり、より良質な脂肪と、より少ない炭水化物を食べることにより、常に食べ物にこだわる必要はないということです。

また、脳と体を飢えさせないために、良質な脂質に加えて、必須ビタミンとミネラルを摂取しましょう。

鉄、亜鉛、またはビタミンB12のような特定の栄養成分が落ちると、脳はあなたがそれを満足に食べるまで、食べ続けるように指示します。

(あなたの脳は、あなたが鉄を食べるまで、食べ続けるように指示しています。)

体重を減らすためのカロリー計算をしないようにする。

ボーンブロスダイエットでは、糖質を控えて、良質な脂質を多く摂るように推奨しています。

多くのOK食品を食べて、NG食品を摂取するのを控えると、カロリーは増えていくことになります。

また、過去のカロリー計算を主流としたダイエットは、飢えて省エネモードになった体の消費カロリーの減少まで計算しておらず、その時点で理論が破たんしています。

カロリー計算が必要であるならば、あなた自身を飢えさせないこと、十分に食べていることを、確認するために行ってください。

カロリー制限する従来型のダイエットの推奨する事項は、お腹が空いてしまい、ダイエットのリバウンドのレールに残っています。

カロリーをカットすることは、いくつかの理由で持続不可能であり、ライフスタイルプランへの導入はできません。

あなたの体は、あなたが食べる量が少ないと感じると、代謝を減速して摂取しているカロリーを蓄えようとします。

そして、あなたのダイエットの努力が報われなくなるのです。

カロリーをカットすると、あなたの体に飢えていることが伝わります。

特に女性の場合には大きな問題が発生します。

あなたの体が赤ちゃんを育てるのに十分な食物がないと思うなら(たとえあなたが妊娠していなくても)、種の繁栄を助けるために、あなたをあまり魅力的に見せなくします。

これは不思議なことですが、次のようなことがおこります。

  • 脱毛
  • 体重の増加
  • にきびがでる
  • 体毛が濃くなる
  • 肌の色がくすむ
  • 性欲の喪失
  • エネルギーの欠乏

ダイエットには、カロリー制限以外に、どのような方法があるのでしょうか?

研究では、インターミッテントファスティング(間欠的な断食)で減量できることが示されています。

間欠的な断食方法はいろいろありますが、ボーンブロスダイエットでは朝食の代わりにバターコーヒーとることを推奨しています。

あなたが必要な栄養をとり、十分なカロリーを摂取するならば、空腹になることはありません。

糖質オフのお菓子を作ってみる。

新しいライフスタイルをとることは、いままでのあなた自身を否定することではありません。

あなたはいくつかの新鮮で食べたことのない食材を試してみることができます。

いままで食べていた愛するスイーツやお菓子、食べ物をすべて楽しむ方法を見いだしながら、体重を減らす方法もあります。

糖質ロスに備えて、健康的で甘いスイーツを用意しましょう。

まず、手始めに、ビターなカカオと、より良い甘味料(ステビア、キシリトール、エリスリトール、ラカントS)などで、甘いチョコレートをつくってみよう。

また、フルーツも糖質の少ないベリー類(ストロベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー)で、代替してみよう。

アイスクリーム、ドーナツ、クッキーなどを、健康的な素材から自ら作ることもできるし、購入することもできます。

ボーンブロスダイエットコミュニティでも、お菓子作りに長けた仲間がいます。

是非、美味しくて甘く尚且つ減量できるお菓子作りに挑戦してみよう。

ダイエットバディをつくる。

あなたに報告しあうことができるバディがいることは、最高に幸せなことです。

あなたのことをダイエットバディが見ていると、あなたはそれを意識してベストを尽くします。

ダイエットバディが減量にも取り組んでいるなら、あなたはさらに良くなるでしょう。

それはパートナーシップであろうと、ライバルであろうと、新しいライフスタイルをあなたと一緒におくるための仲間を募ることは、よりダイエットを楽しくします。

ライフスタイル戦略について会話したり、チャットしたり、競ったりすることができます。

少しずつ習慣化していく。

あなたが体重を減らすことを学ぶなら、次のことを意識して下さい。

あなたの潜在意識である脳は高性能ですが、一番の抵抗勢力でもあります。

なにを言いたいかというと、あなたの脳は信じられないほど活発に活動し、高いエネルギーが必要です。

この高いエネルギー要件のために、可能な限り、最も抵抗の少ない道をたどろうとします。

つまり、潜在意識では「変わらないでいいのではないか?」と思ったりします。

一度に多くの習慣を変えようとすると、あなたの脳はパニックになり、いままで通りの習慣に戻ることを叫び始めます。

ダイエットによる変化が、身体システムに利益をもたらすということを知る必要があります。

あなたが毎日小さな事を変化させたり、一度にいくつかの小さな歩みを実行すると、抵抗される可能性は低くなります。

脳が変化に慣れるまでに長く時間をかけると、その変化によって自分に害が及ぶことはないと判断し、すべてが順調であることを認識します。

特に習慣化したいものについては、毎日行っている習慣に付随して行うことが早道です。

それを続け、習慣化することが簡単だからです。

例えば「歯磨きのついでに、〇〇〇をする。」「電車に乗った時に〇〇〇する。」など、あらたな習慣を慣れ親しんだ習慣と同時に行います。

こうすることにより、あらたな習慣が身につきます。

フードジャーナルを記録する。

フードジャーナルとは、あなたの「ボーンブロスダイエットに関する覚えておきたいこと」を記録するものです。

あなたがジャーナリングタイプの人であれば、ダイエットを開始した時点を数週間後に振り返る動機にもなります。

ジャーナリングは、うまくいっているものとそうでないものを特定する方法でもあります。

あなたの食生活や気分をしばらくの間、追跡した後、パターンを見つけることができます。

普通のノートにペンで書くことから始めてみましょう。

あるいは、簡単なフィットネス追跡アプリを使うこともできます。

どんな追跡したいでしょうと思いますか?

下記に一例を示しておきます。

  • あなたは、何を食べましたか?
  • あなたは、食事についてどううまくいったか?
  • 食べたり仕事をした後の気分はどうだったか?
  • 気分、肌、髪、睡眠、消化器系の変化はあったか?
  • あなたが重要と思っている数値(体重、体脂肪率、内臓脂肪レベル等)は、どうだったか?
  • その日に気付きはあったか?

補助的なツールがあれば簡単により簡単に記録できます。

そして、もしあなたが混乱するような1日を迎えても、そこで終わらせてはいけません。

あなたが中断した翌日からまた記録し始めましょう。

あなたが3週間を継続できなければ、それをまだ終わらせてはいけません。

再び、中断したところから始めてみましょう。

あなた自身に親切に分かるように、自身を許容しながら練習してください。

出来ていないことを責めるのではなく、あなたが出来たことにフォーカスしてください。

年初、月初め、週初めなど、きりの良い開始日では絶好のスタートをきれます。

あなたは、フードジャーナルを思った時に、始めることができます。

フードジャーナルは、あなたが望むときはいつでも、すぐにそれを記録し始めることができます。

また記録を継続することで、ボーンブロスダイエットの力となることでしょう。

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP