「魔法のスープ ボーンブロスでやせる 間ファスダイエット」を読んでみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木功 先生の「魔法のスープ ボーンブロスでやせる 間ファスダイエット」を読みました。

第一印象は、ボーンブロスダイエットの専門書というよりは、間欠的ファスティングを中心とした正統派のダイエット本ということですね。

間ファスダイエットとは?

本のなかで、間ファスダイエットと呼んでいるインターミッテントファスティングを中心としたダイエット法で、週1日~2日間、16時間~42時間のファスティングをススメています。

そのファスティング中に、ボーンブロスを活用するとよいといった内容が書かれています。

肥満の根本原因は、インスリン抵抗性であり、肥満を改善するには、インスリンを長時間に渡って安定的に保つ必要があるとのことです。

その長期的にインスリンレベルを安定させるために間ファスダイエットは最適であり、きつい糖質制限を継続することにこだわる必要はないと述べられています。

ある程度、糖質制限によるダイエット効果が得られたら、なかなか体重が減らない時期を迎えます。

これは、私自身の経験でもそう感じています。

鈴木先生は、この時期によりよい糖質を選択して摂取する必要性を説いています。

体重のセットポイントとは?

この本の中での新しい発見は、体重のセットポイントの話です。

体重のセットポイントというのは、いごこちのよい体重という意味と解釈しました。

なれ親しんだ体重ですよね。

太っている人は、このセットポイントが高く、その体重を維持しようと脳が無意識のうちに働くのです。

この人それぞれ体重を維持しようとする力を、ホメオスタシスという。

痩せるには、この体重のセットポイントを下に下げる必要があるのですが、それには、まずこの体重のセットポイントを上げないことが重要とのことです。

このセットポイントの話は確かに自分のダイエット経験でも感じていたことです。

体重の節目には、本当に何度も跳ね返されるような「壁」があります。

これを破るには、糖質制限だけではうまく行かない気がしています。

体重のセットポイントが高くなる原因

この体重のセットポイントが高くなる要因として、本書の中では加工食品を上げています。

これには、異性果糖、人口甘味料、食品添加物を上げています。

確かにこれらは、インスリン抵抗性を直接引き起こし、食欲の渇望を高めて肥満につながります。

これらのことが、万人に分かりやすく解説されていて、ダイエット本としての価値は高いし、理論もしっかりしている印象でした。

体重のセットポイントが高くなるのは食品添加物だけではない

ひとつだけこの本の内容につけ加えて、補足するとしたら、体重のセットポイントを上げるのは、食品添加物だけではないということです。

ひとつは、糖質です。

糖質中毒で甘いものがやめられなかつたり、食欲が抑えられない方は、レプチン抵抗性が起きて、食欲を抑えることができません。

玄米や全粒粉の穀物を食べて、精製されている穀物を避けること。

もうひとつが、質の悪いアブラです。

質の悪いアブラは、脂肪をため込みます。

植物油などの悪いアブラは、胃腸と脳のコミュニケーションを阻害して、満腹感などを感じるホルモンバランスを悪化させます。

こういった糖質、質の悪いアブラ、食品添加物などの毒素は、視床下部に悪影響を及ぼし、レプチンを出せないような体質になってしまいます。

ボーンブロスの17レシピ

  • 基本の鶏ガラのボーンブロス
  • ボーンミックスと豚足でコラーゲンたっぷりブロス
  • 基本のラムボーンブロス
  • 日本のブロス、おだし
  • 基本の手羽中ボーンブロス
  • 手羽中のトマトスープ
  • 手羽中のカレースープ
  • ラムボーンブロスと香味野菜の鶏だんごスープ
  • 鶏ひき肉とふんわり卵の元気スープ
  • ボーンブロスオニオンスープ
  • ひよこ豆とレンズ豆ミネストローネ風
  • 濃厚アボカドの冷製スープ
  • とろり食感のトマトの冷製スープ
  • ボーンブロス鶏飯
  • お手軽ブロスの茶節
  • さつま汁
  • ボーンブロス炒飯

ボーンブロスの料理本は、ありそうで、いまだにないので、

これらの掲載されているレシピは、料理好きにはとっても参考になると思います。

全体を通しての感想としては、ボーンブロスダイエットの本ではなく、間欠的ファスティングを紹介した正統派のダイエット本といったところですね。

そして、健康マニアのライターの影が、ちらほら見え隠れします(笑)

あとあと、週1回~2回の16時間の間欠的ファスティングでは、長期間肥満型の人はなかなか痩せるのは難しいんではなかろうかと思っています。

ということで、ボーンブロスダイエットの専門書は、私が書きますよ!

 

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP