自家製グラスフェッド・ギーの作り方と効果(メリット)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、ギーをご存知ですか?

あなたがギーを知らなければ、あなたはこれを読んだ後にそれを作りたくなるかもしれません。

ギーは、何千年もの間、インドや東南アジアで料理の材料として使われてきました。

ギーは、乳固形分がカラメル化されて、純粋なバターの脂肪だけが残るように除去して作られます。

このカラメル化のプロセスは、バターにはない豊かで味わい深い風味をギーに与えます。

作るのにひと手間かかめので、購入すると少し高価なものになります。

今日は、ギーの作り方をご紹介します。

ギーは思っているよりも、実際に作るのはとても簡単です。

その風味豊かでヘルシーな料理の音もとして、ギーの作り方を作ってみてください!

ギーとバターの料理のメリット

ギーは、ビタミンAの前駆物質であるベータカロチン

ギーはそこに含まれている栄養素であるベータカロチンから、深い黄色をしています。

ギー大さじ2杯には、1日に必要な分のビタミンAの14%が含まれています。

しかし、ギーの本当のメリットは、バターから分離されて、ギーから取り除かれたものにこそあります。

バターをギーに変えるプロセスは、カゼイン、乳製品タンパク質、およびバターの中に含まれる乳糖を取り除きます。

乳製品にアレルギーを持っていたり、消化が難しい方でさえ、ギーを食べることができます。

また、ボーンブロスダイエットのOK食品でもある良質な動物性の飽和脂肪酸です。

ギーは、発煙する温度が高いので、高温で加熱する料理にも最高です。

バターは、175℃で発煙しますが、ギーは最も安定した料理脂肪の1つで、232℃まで加熱することができます。

実際にはバター、ココナッツオイル、MCTオイル、オリーブオイルよりも調理には向いています。

ギーは、どれくらい保存できますか?

ギーは、非常に保存が用意で、安定性が高く変質しにくいアブラです。

したがって、冷蔵庫または常温で、最大1カ月間以上、保存することが出来ます。

ギーは既製品を買うと高価ですが、予算に合わせて食事に利用してみてください。

自家製のギー作る方法は次のとおりです。

自家製ギーの作り方

料理時間:25分

【材料】

グラスフェッドバター(無塩) 450g

バターは、牧草牛の乳から作られたバターである、グラスフェッドバターを使いましょう!

穀物牛のバターと牧草牛のバターは、全くの別物です。

材料にはこだわりを持ちましょう。

【作り方】

①グラスフェッドバターを立方体にカットし、鍋に均等に配置します。

②15〜20分間、中火でバターを溶かします。

③まずバターが、泡立ち、泡立ちを止め、最後に再び泡立ちます。

④ギーが明るい黄金色で、鍋の底に赤い茶色の塊が見えます。

⑤固形物はカラメル化しています。これで、バターから取り除く準備ができました。

⑥ギーを、2~3分間冷やしてください。

⑦チーズクロスを二重に敷いたストレーナーを使用して、残りのタンパク質と脂肪分を注ぎます。

(脂肪は濾せますが、乳製品のタンパク質は濾せません。)

⑧タンパク質を捨てて、ギーを完全に冷やしてから密閉した瓶に保存してください。

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP