ボーンブロスに使う食材に自然なものを選ぶべき理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーンブロスの健康上の利点は様々ですが、なぜボーンブロスがそれほど健康に寄与するのか考えていくと、この情報が特に重要であることに気が付くはずです。

それは材料を有機的なものを使うからということです。

牧草牛(グラスフェッド牛)、放牧された豚、平飼い鶏(地鶏)の骨、天然の魚は、ボーンブロスを調理するための唯一の選択肢です。

工業化畜産よりも有機畜産を選択する環境には多くの理由がありますが、第一の目的は、その栄養素です。

ボーンブロスを調理する際の長い調理時間のプロセスは、従来の畜産の肉や骨から溶け出す農薬や毒素が多くなります。

特に穀物を食べた家畜の肉には、農薬やGMO、様々な化学物質、不自然な食材が多く含まれています。

また、こういった食材を食べる家畜は様々な病気に罹るリスクを抱えており、病気の予防のための抗生物質が必要以上に使われて、それを食べた人間に抗生物質が効かなくなることが懸念されています。

サラダに使われる野菜にも殺虫剤が大量に散布されており、これらの食材を避けることが、健康的な選択をする際に必要になってきます。

牧草牛(グラスフェッド)を選ぶ

草の代わりにトウモロコシのような穀物を食べて成長した家畜は、重大な欠点があります。

本来、牛が食べるものと違った種類の食物を消化器系に与えられることによって、牛は栄養不良になり、重要なビタミンやミネラルを欠いてしまいます。

牛の畜産では、牛を放牧して健康的な草を食べさせて、体が育つようにすることはコストと手間暇が非常にかかります。

牧場は、牧草地で早く牛を成長させるために、1ヘクタールの牧草地に牛一頭を放牧します。

牧場にとって、トウモロコシなど穀物飼料への転換は経済的であり、健康上の決定ではありませんでした。

これは畜産業と消費者の肉の価格を下げるために必要なことでした。

しかしながら、不健康な動物、ひいては不健康な人間を作ります。

トウモロコシはデンプン質の豊富な食べ物で、牛の育成を早め、沢山の食肉の需要を満たしました。

しかし、牛はもともとトウモロコシを消化するような体になっていません。

結果、不健康で成人病で栄養不足になった牛になり、それを私たちが食べたり、ボーンブロスの材料にしたりしています。

不健康で栄養失調な動物の骨でボーンブロスを作ることは、食事の中に本来、不用な栄養素や、毒素などを直接取り込むことになります。

牧草で育てられた牛(グラスフェッド牛)は、穀物で育てられた牛(グレインフェッド牛)よりも総脂肪が80%少なく、コレステロールが30%少なく、ビタミンEが4倍、ビタミンAが10倍多いです。

オメガ3脂肪酸、ベータカロテン、ビタミンB6が含まれています。

牧草牛は健康的になるだけでなく、味も良くなります。

肉は、穀物を与えられた牛肉の脂っこい脂肪の肉よりも、少ない量で、より重いです。

あなたのボーンブロスに牧草牛(平飼い鶏、天然の魚)の骨を使用することによって、健康な動物の多くの栄養素あなた自身の食生活に追加できます。

フリー・レンジ&ケージ・フリー(平飼い)対 オーガニック(有機)および牧草飼育

鶏の足はゼラチンの素晴らしい供給源であり、あなたのボーンブロスの骨の選択肢として理想的な材料となります。

これらの健康上の利点を最大限に享受するには、オーガニックのフリーレンジチキンが最適です。

ここでは、言葉よりもその「意味(中身)」が重要です。

「フリー・レンジ」と「ケージ・フリー」という用語は一般的な流行語ですが、健康的な鶏を自分で保証するものではありません。

フリー・レンジまたはケージ・フリーと名づけられた農場であっても、一時的に放し飼いになっているだけであったり、抗生物質が投与されて、病気が予防されていたりします。

しかし、「オーガニック」はまったく別の話です。

多くの平飼い鶏(地鶏)の中でも、GMO(遺伝子組み換え)作物や、化学農薬や肥料を過去3年間使用していない土地で、放し飼いになっており、病気になっていない限りホルモンや抗生物質を使われていないブランド鶏を利用しましょう。

有機チキンボーンを使用することで、ボーンブロスには毒素が含まれず、栄養素が豊富になります。

「牧草飼育された」家畜も少しずつ人気が高まっています。

牧草牛(グラスフェッド牛)や、家畜は100%放牧された生活ではないにしても大部分を野外で放し飼いで過ごして、穀物を摂取するのではなく、牧草を食べて飼育されています。

天然の魚

魚ベースのボーンブロスで健康的で天然の魚を使用することは、鶏や牛のボーンブロスで平飼い鶏や牧草牛を使用することと同じくらい重要です。

外洋や淡水では、魚は自然界の生態系の中で自由に食べて生活します。

天然と養殖の両方で同等の量のコレステロール、タンパク質、マグネシウムが含まれていますが、例えば天然のサケは脂肪は半分、ナトリウムの減少、カロリーは32%、飽和脂肪は3倍、オメガ3の量は養殖魚よりも多く、亜鉛、カリウム、鉄、カルシウム、ビタミンCを豊富に含んでいます。

養殖で育てられた魚の生活条件を確認してみましょう。

養殖で育てられた魚は、海洋ではなく生簀で、魚が自由に動き回るのを防ぐように、小さくて網目のない領域に閉じ込められます。

生簀で過密状態にあることは、糞便や毒素が閉じ込められた生簀の中で渦巻いて、有害物質の蓄積や病気を引き起こします。

これらの魚の病気は、他の天然の魚に感染して蔓延し生態系を壊すことがあります。

その結果、養殖魚には抗生物質を高用量投与することを意味しています。

他の工業化された種類の農業と同様に、魚を養殖することは環境に悪影響を及ぼします。

養殖は、そのネット内に閉じ込められた魚だけでなく、周辺地域にも影響を与えます。

1980年以来、東南アジアの大部分はそれが引き起こした汚染が蔓延しています。

あなたが食べる肉と魚と、ボーンブロスを作るときに使う骨を考えるとき、風味や入手可能性だけでなく、多くの考慮すべき要素があります。

あなたの食品がどこから来ているのかについて確認し、より慎重な選択をすることは、あなたの健康を守るばかりでなく、食品産業界が経営判断で適切な決定を下し、動物と環境に利益をもたらす農業を促進するのに役立つはずです。

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP