フレンチオニオン・ビーフボーンブロスの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前の記事に書いたように、ボーンブロスには、免疫システムを強化してアンチエイジングを促すなど、複数の健康上のメリットがあります。

私たちは毎朝1杯のボーンブロスを飲むとよいでしょう。

今日紹介するレシピは、私が作ったボーンブロスの中でもとても美味しかったものです。

それは私が作ったボーンブロスの中でも最高のもののひとつです。

私がつくるボーンブロスの原材料でも様々な骨の部位が使われています。

肉を処理する食品会社に内容を聞いてみましたので、ここに記事にしておきます。

私は、動物の骨を最高のボーンブロスに加工するために以下のカテゴリーに区分しています。

①関節全体:これらは、関節を囲む肉、結合組織、軟骨および小柱骨(骨の内部の大部分は細い骨梁)。

②ネックボーン:首と脊柱を囲む脊椎の骨と軟骨。

⓷骨髄骨:骨髄を含む長骨の断面。
骨髄には、体内の血液や組織の補充を担う幹細胞や成長因子が含まれています。

④その他の骨: これらは残りの骨であり、動物から収穫された様々な骨が含まれています。

今日は、基本のビーフ・ボーンブロスをグレードアップするためのバリエーションをご紹介します。

ボーンブロスを搾った後、調味料と野菜を追加することを強くお勧めします。

基本のビーフボーンブロス

【材料】

・牛の骨 1.5kg (グラスフェッドを推奨、骨の部位はこだわりません。)
・アップルサイダービネガー 1/2カップ
・水
・ニンジン、2~4本 (カットする)
・セロリ 2本 (細かくカットする)
・タマネギ 2個
・ベビーリーフ2
・クローブ1~2
・コショウの実 1大さじ
・ハラペーニョ 1 半分

【作り方】

①大きなスープの鍋に骨や酢を入れ、水が骨の上の1インチに達するように水で満たしてください。

②ふたをして、泡立て器をはずして煮詰めます。

⓷他のすべてを加え、少なくとも24時間低温で煮る。※

④あなたの好みに希釈して料理に使えます。

⑤冷蔵庫では6日ほど、冷凍庫で最大6ヶ月間ボーンブロスを保管出来ます。

※調理時間を短縮したい場合は、圧力調理器を使用してください。調理時間が数時間に短縮されます。

バリエーション:
フレンチオニオンビーフボーンブロス

【材料】

・ビーフボーンブロス(上記参照)4カップ
・ニンニク、1小さじ壊された
・ローストまたはソテーしたタマネギ1カップ
・プロバンス
・コショウの実
・海塩

【作り方】

①鍋の中のブロスを中火で加熱する。

②ニンニク、タマネギ、ハーブ、コショウコーンを加えてください

⓷低温にして、ブロスが5〜10分間立つようにする。

④ニンニクとコショウの実を取り出して捨てる。

⑤塩で味付けする。

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP