ボーンブロスファスティングでお肌プルプル、驚きの効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内産 牧草牛のボーンブロス

これは国内産、牧草牛のボーンブロスです。

30時間を超えて煮詰めるとこのようなゼラチン質の、プルプルのボーンブロスが出来上がります。

コラーゲン、ゼラチンが沢山入っていて、お肌もプルプル、お腹周りもスッキリします。

ボーンブロスダイエットでは、このボーンブロスを利用したボーンブロスファスティングを行います。

水だけや、酵素ドリンクを利用したファスティングでは、空腹感に耐えられない人も多いです。

その点、ボーンブロスは空腹感ゼロ、カロリーもありますのでエネルギー切れを起こしません。

そして、顔のシワも無くしてくれて、小顔になります。

私も、久びさに友人に会うと「会うたびに引き締まって行くね」と言われます。

あまり、体重自体は変わりないのですが、サイズ感は明らかに変わっている実感があります。

まさにボーンブロスの驚きの効果ですね。

根本原因へのアプローチ

さまざまな状況で有効と思われる解毒法は多数ありますが、それらを進めるにあたっては対処療法ではなく、根本原因へのアプローチが必要です。

通常行われている腸や肝臓の単なる手当だけではなく、体内のバランスを整えることが大切です。

薬を使い化学的な刺激で腸を無理やり働かせても、その後に薬が効かなくなったり、腸の働きをもっと低下させたりします。

腸の不調などにより、体が有害物質で汚染されていると、健康と活力を維持する力が弱められ、それに反して病気になる確率が高まります。

正しい呼吸法や、リンパを流れるように運動ををしても、毒素を満載した体では、ただ泥水をかきまわすようなものです。

腸に腐敗物をため込んでいては、健康にはなれませんし、ただしく栄養素も取り込めません。

そこで、ボーンブロスダイエットプログラムの一番最初には、腸の不調を改善するボーンブロスファスティングを行います。

マイクロバイオータの危機

腸内微生物は、私たちが人間らしくあるためには不可欠な存在です。

近年の生活や食事のスタイルが、これら微生物(マイクロバイオータ)を危機にさらしています。

食品会社は、こぞって低コストで、加工された、おいしく感じる、消化しやすい、長持ちする食品を供給してきました。

さらに製薬会社と病院は、抗生物質の使用に代表されるような、感染症を撲滅するような薬を大量に使用し、マイクロバイオータをダブルパンチで死滅させてきました。

人のマイクロバイオータは、細菌、ウィルス、菌、原生動物などからなっており、皮膚や口腔、鼻の穴、目、肺、尿管、消化管など、外界に接している部位のほとんどに生息しています。

人体には、10の14乗と微生物がいるといわれていますが、そのうち消化管の微生物は、10の13乗個の細菌がいて最大の生息地となっています。

細菌は人の細胞の約25分の1の大きさだが、私たちの体重の1.4キログラムに相当するといわれています。

これは、肝臓や脳の重さにも匹敵します。

また、一度に排出される排便の60%が細菌であり、その数は地球の総人口よりも多いといわれています。

マイクロバイオータを全滅させるような、抗生物質の多用などは、腸内環境を悪化させ、その後の免疫力を低下させることなります。

これらのマイクロバイオータは、免疫系を制御しています。

ぜんそく、アレルギー、炎症性腸疾患(IBS)などの炎症疾患の多くは、免疫系の過剰反応が原因であり、腸内環境を整えると改善する可能性が高い。

ボーンブロスファスティング(断食)の効果

ファスティング(断食)は排泄をもたらし、体から有毒物質を排出するには、一番手っ取り早い方法です。

ファスティング(断食)によって体を休ませると、不思議なことに体の体調が整い、活力が戻ります。

この方法をとると、有害物質を外に出し、何年もの間に蓄積された宿便を排泄します。

ボーンブロスファスティングによって、有害な毒素や、老廃物の排泄が行われます。

ボーンブロスファスティングの間は、一日中、一時間おきにグラス半杯の水を飲むようにしましょう。

水は少しずつゆっりと飲むようにしてください。

冷たい水ではなく、お湯か、温かいお茶を飲むようにしましょう。

自然の免疫力を高めるボーンブロスダイエット21日間プログラム

体に有毒物質があると、体の自然治癒システムが弱くなっているということです。

「ボーンブロスダイエットプログラム」を実行すると、健康が回復し、健康的な食事、適度な運動、前向きな精神状態を生み、免疫システムも回復します。

わずか4日間のファスティング期間で、

「体重が減った」

「お腹周りがすっきりした」

「しわが減った」

「体調がよくなった」

「疲労しなくなった」

「ぐっすり眠れるようになった」

「肌がきれいになった」

「元気になった」

「頭がすっきりした」

などなどの好結果があらわれました。

へリングの治癒の法則によると、すべての病気は内から外、上から下というふうに、症状があらわれた時と逆の方向でなおっていきます。

どんな病気も体内の解毒(デトックス)が、改善への第一歩であり、その手段としてボーンブロスダイエットプログラムには、その力があると信じています。

毒素の蓄積で生じた病気も、ただ症状だけをみて薬を投与して抑えこんでも、問題は解決せず、より大きな問題となります。

この「ボーンブロスダイエットプログラム」は、病気の予防に重きをおいたプログラムです。

健康になり、理想の体型を取り戻し、リバースエイジングを自力で行いたい人のためのプログラムです。

食生活を変える必要性を感じていない人、やりなおす気がある人のためのプログラムです。

本気で変えたい人にだけ、このプログラムを提供したいと考えています。

週一断食のススメ

週に一日だけ断食をする方法で、その日は水とボーンブロスだけを飲み、休息をします。

この週一断食法を習慣にしている人は多くいます。

その日、仕事をやすめるのであれば、なおよいです。

食べない日にハードな運動をしてへたばってしまったのでは、意味がありません。

その日ゆっくりと休息をとってください。

忙しい人にプチ断食(インターミッテントファスティング)のススメ

もっと、忙しく休みがとれないという方は、プチ断食をオススメしています。

これは、一日のうちに食べる時間を8時間以内に制限するというものです。

これを行う理由は2つあります。

ひとつは、

・食べる時間と食べない時間をきっちりと分けることです。

肥満になる方は、この時間の区分が苦手で、お腹もすいていないのに常に食べてしまっています。

プチ断食は、例えば一日のうち、食べる時間帯を12時~20時に限定し、食べる時間と食べない時間をきっちりと分けられる習慣をつくります。

ふたつめは、

・毎日、16時間の断食の時間を作ることが可能となります。

この間は断食の時間として体は、消化にかかるエネルギーを体の不調の改善につかったり、脂肪を燃やしてエネルギーに変えて活動することが出来ます。

プチ断食(インターミッテントファスティング)は、忙しいあなたに最適な断食法です。

ゴールデンウィーク企画の結果発表について!

ゴールデンウィークに「ボーンブロスファスティング」に取り組んでもらった方から、続々と結果が届いています。

結果については、このあとの記事でご報告しますね。

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP