アメリカのヘルスセンター「エレベイス・ヘルス」Dr.アイザック・ジョーンズと、Dr.マットアカーソー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のメンターは、アメリカのヘルスセンター「エレベイス・ヘルス」の創設者、Dr.アイザック・ジョーンズと、Dr.マットアカーソーです。

彼らが、今年も日本のために、情報を配信してくれることになりました。

昨年、彼らが開催する「ヘルスコンサルタント養成講座」を受講することに決めたのは、彼らの理念に共感したからに他ありません。

現代医療は、症状に対してそれを緩和する対処療法がメインです。

しかもその対処に投入される薬が、かなり過剰な対応になっており、余計に免疫力を下げているような状況と言えます。

少しの風邪で抗生物質を処方されますが、その薬が腸内細菌を死滅させ、免疫力を弱めまた病気にかかりやすくなるという負のサイクルに繋がります。

昨年一年間、私は全く薬を飲まずに過ごしました。

病気にもかからず、毎日エネルギー豊かに生活出来ています。

我がメンターDr.マット・アカーソーは、子供の頃から薬は飲んだこともないし、虫歯になったこともないと言っていました。

人間は本来、彼らのように病気にもならず、健康で充実した毎日を過ごせるようにプログラミングされています。

彼らからのメッセージは「病気にならいでいいんだよ。人間本来の体に戻してあげるだけなんだ。」ということです。

彼らは人間が持っている力を最大限に引き出す方法を知っています。

彼らのメッセージに耳を傾けて下さい。

今年も、驚くような最新の予防医療情報が聞けると思います。

ご興味ある方は、是非、Facebookページに「いいね!」を下さいね。

彼らからメッセージが届いているので、ご紹介します。

~以下、Facebookページからの抜粋です。

はじめまして、アイザック・ジョーンズと申します。

私は、ファンクショナルメディスン(機能性医学)のドクターとして、健康や予防医学、アンチエイジングプログラムをクライアントの方たちに提供し、ビジネスや人生においてパフォーマンスを最大限に向上させるお手伝いをしています。

私のクライアントには、ハリウッドスターやサウジアラビアの王族なをはじめ、世界的な企業の経営者、エクゼクティブなどが名を連ねています。

競争の激しい世界で身を置くかれらは、日々優れた旦弾力や生産性を発揮し続けることが求められるため、頭と体と心の機能、そして、それらの源となる「食事」を、ことのほか重要視しています。

そこで私が専門的な立場から相談に乗り、健康面のサポートや指導を行っています。

その結果、糖尿病はなどの疾患が治ったり、うつ病などの失調状態が回復したり、1ヶ月で8キログラムも減量に成功するだけでなく、仕事の効率が大幅に改善し、年収が昨年の1.5倍にアップするなど、劇的な変化を体験する方があとを立ちません。

幸いにも、そうした実績が評価され、2014年にはアメリカの著名な雑誌「インク」の「クライアントの実績を改善させたビジネスコンサルタント トップ10」に、メディカル部門として唯一、選出されるという栄誉にもあずかりました。

一昨年には、日本における公演活動も認められ、著書の「超一流の食事術」も発刊することができて、ベストセラーとなりました。

今でこそ、健康的なライフスタイルを送っている私ではありますが、かつてティーンエイジャーのころは「発達障害」の診断を受け、特別クラスに在籍していました。

学校の成績はふるわず、テストの結果は散々。当時の私は脳がうまく機能せず、授業にほとんど集中することが出来ませんでした。

診断名は「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」でした。アデロールというADHDによく処方される麻薬系の薬が処方され、しばらくは西洋医療のもとで治療を受けていました。

しかし、それは症状を抑えるという対処療法でしかありませんでした。授業に集中出来ない本当の原因、根本的な原因にアプローチ出来ないまま、無意味な学生生活を過ごしていました。

転機はある時、突然訪れました。一向に改善しない私を案じて、私の両親は評判の自然療法医のもとに連れて行きました。彼の指導に基づき健康的な食事だけに切り替えたところ、みるみる効果があらわれました。

自然療法医の指導をうけて、4ヵ月後、世界は全く変わりました。脳の集中力が増し、特別クラスで「オールC」の成績だった私は、普通クラスに移り「オールA」の成績にかわりました。この時、脳にかかっていモヤモヤが視界から晴れわたる感覚はいまでも鮮明に覚えています。

それから私は学年トップの称号である「ディーンズリスト」に名を連ね。大学と大学院を主席で卒業しました。そして私自身に起きた奇跡を医学的に解明したいとの強烈なモチベーションに突き動かされたのです。

世界的に自然療法で有名な大学院を卒業し博士号を取得したあとは、週に2,500人もの患者が訪れるアメリカ最大のヘルスセンターで経験を積んだ後、独立し国際的なヘルス&ウェルネス専門のヘルスコンサルタント会社「エルベイス・ヘルス」を設立しました。

今では、年間2,000人以上の世界中のトップエクゼクティブへ健康指導を行い。これまで、5万人以上のクライアントのライフスタイル改善とハイパフォーマンスを実現してきました。

これから皆様には、私に起きた奇跡の体験、そして私の何万人ものクライアントたちが体験した奇跡の内容とその方法論をお伝えしたいと思います。

これからライフスタイルを変換し、健康でハイパフォーマンスに生活したい方は、是非お友達になって頂けると嬉しいです。

アイザック・ジョーンズ

日本の皆さん、はじめまして、こんにちは、マット・アカーソーと申します。

私はDr.アイザック・ジョーンズが設立したヘルスコンサルティング会社「エレベイス・ヘルス」のリードコンサルティングドクターです。少し自己紹介をさせてください。

私の家庭は過去60年以上にわたって代々、ドクターの家系でした。私の父も母も著名なドクターでした。私にはドクターになる以外の道はありませんでした。私はこの仕事に関してただの仕事だとは思っていません。私の生まれた使命であり、運命であると思っています。私のミッションは日本の方々の健康に役立つ活動をして、脂肪率を下げて多くの方を健康に導くことだと思っています。

そんな私の人生も最初から順風満帆ではありませんでした。私は5歳で、耳の75%が聞こえないほどの難聴でした。両親や周りの人も最初は私の耳が聞こえないことに気が付いていませんでした。私は人の唇の動きを読むことで、その人が何を話しているのか理解していたのです。当然のことながら成績も上がらず私は障害のため学校から逃げ出したのです。これが8歳の時でした。

9歳の時、後に私のメンターとなる医師である叔父に呼ばれました。彼の話を聞き耳の不調の根本原因を少しずつ取り除くことによって、耳の状態もだんだんと良くなりました。それから私は、叔父のような健康問題の「根本原因」へアプローチして人々を導ける医師になることを誓いました。そこから私は振り向きもせずに前進してきました。

12歳で私は世界各地の医師に初めて話をし、28歳の時にテネシーで大きなウェルネスクリニックを運営していました。これはアメリカでも、もっとも大きな自然療法のクリニックのひとつでした。いま私はアメリカ最高のコンシェルジュウェルネスアドバイザーの一人となり、トップのヘルスプレナーです。私のクライアントには、トップ企業のCEO、エクゼクティブといったメンバーが沢山います。

その後に全米に向けてポッドキャスト 「Superhuman Entrepreneur」 を立ち上げ、健康情報を配信すると大人気となりました。こちらのポッドキャストは一週間で3,000人以上のリスナーが聞いてくれており、インクマガジンのトップ10に入りました。

Dr.ジョーンズと私はヘルスエキスパート・アライアンスという協会を設立しました。 ヘルスエキスパート・アライアンスは、アメリカの一流大学の最新のリサーチ結果を得られています。ハーバード、プリンストン、イェール、MITなど、有名な大学からのリサーチの情報を得ています。

プライベートでは、いままでの人生で私の最大の成果がありました。高校時代からの恋人であるローレンと結婚し、3人の娘を授かったことです。

今日ここで皆さんとお友達になったのは決して偶然ではありません。ここでお友達になったのには理由があります。日本がそれを求めているからです。

アメリカでは健康意識の高まりとともに私たちの仕事は大変忙しくなってきました。そしてDr.ジョーンズと日本についてどうすると話し合った時、もちろん日本もやらないといけないという結論に達しました。やらないという選択肢はありませんでした。 それは、なぜかというと、私たちは日本の統計をみて心から胸が痛かったからです。

私たちはそのことを真剣に受け止めています。そのためにDrジョーンズと協力して日本で「超一流の食事術」という本を発売しました。多くの方にメッセージを伝えたいと考えていたからです。

日本の人たちは病気になるために生まれてきたのではありません。健康で楽しんで豊かになるために生まれてきました。

あなたには健康で過ごす価値があります。日本全体もそうです。健康で生きる価値があるのです。それには正しい知識と、正しい質問をなげかけていくことが大切になってきます。

日本では病気で苦しんでいる方が沢山います。しかし本当は苦しむ必要はないんです。

日本では二つのことが起こっています。 日本の死因の第1位は、癌です。第2位は、心疾患です。第3位は、脳血管疾患となっています。癌は正常な細胞が異常化しておこるものです。癌で亡くなっている方は、37万人(平成28年度)、心疾患は19万人。30秒ごとにひとりの割合で癌と診断されています。2人にひとりが癌になります。

日本ではいままでにないぐらいに薬の量が増えていますし、手術の件数も増える一方です。それにもかかわらず、病気の件数は一向に減りません。いままでよりももっともっと多くの方が病院に通っています。それでも良くなっている人は増えていないのです。これだけの時間とお金をかけているにも関わらず、上手くいかないことを続けているのは、正気の沙汰ではありません。

もしあなたがこの道を行き、木にぶつかるとわかっていて何度も同じ道に向かい木にぶつかっているとしたら、もうその道には行かないように学習するでしょう。しかし医療ではこれと同じことが行われてるのではないでしょうか。毎週、航空機事故を起こす航空会社の飛行機にあなたは搭乗したいと思いますか? 乗ろうとは思いませんよね。日本の医療システムで毎年これだけ多くの人が亡くなっているのに、それにも関わらずまた多くの人がこの医療システムに戻っていきます。

私たちは健康に関して違う視点から見る必要があるのです。

先日、アトピーに悩みがあるひとに出会いました。彼は「何件も医者にいったがステロイドを処方されて顔に塗れと言われるだけだった」そうです。アトピーは肌から始まっているのではありません。お腹から始まっているのです。日本の医療システムでは、根本の原因に目を向けず、症状にばかり注目しています。このような対処療法では根本的な原因にアプローチしてはいませんし、よくなるばすはありません。

私たちは、このFacebookアカウントを通じて、日本の皆さんに健康でハイパフォーマンスなライフスタイルを実現してもらうために、情報を配信していくことを決定しました。是非、私たちとお友達になって、このアメリカの最新の予防医療、栄養学、デトックスの情報を手に入れて頂けたら幸いです。

マット・アカーソー

ドクター・ジョーンズ・マット公式Facebookページはこちら!

 

あなたがボーンブロスダイエット・プログラムを実践すれば、ライフスタイルを変化させるすべての方法を学ぶことができます。

夢にまで見たスリムで健康的な体を手に入れて、それを永遠に保つための完璧なプログラムです。

今、あなたがダイエットに取り組む準備ができているなら、是非、私の体験セッションを申し込んで下さい!

90分 5,000円であなたの健康、ダイエットなど、お悩みごとを解決します!

個別体験セッションのお申し込みはこちら!

 

↓「30年デブで悩んだ男が半年で▲20キロ痩せた!奇跡のボーンブロスダイエットメルマガ」に登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP