「痛みの根本原因にアプローチする5つの方法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多くの現代人が、ストレスの多い社会で慢性的な痛みに苦しんでいます。
痛みの根本的な原因を学び、それにアプローチする治療ではなく、ほとんどの人が薬などにより一時的な対症療法に頼っています。
病院で処方されるだけでなく、多くの薬が市販もされています。
今日、薬の多用は、入院の増加、中毒診療所への入院、死亡者数の増加につながり続けています。
歌手のプリンスさんの死因も鎮痛剤の飲み過ぎであったことが知られています。
子供でさえイブプロフェンやアスピリンのような鎮痛剤を多く摂取しているため、肝臓や腎臓のような解毒器官に大きなダメージを与えます。
鎮痛薬は、胃に潰瘍を作ったり、腸のリーキーガットや、食物アレルギーを起こしたりもします。
この記事では、副作用なしで簡単に自然に痛みから抜けだすことができる「痛みの根本原因にアプローチする5つの方法」をご紹介します。
この5つの戦略を使って、素早く慢性的な痛みを改善してみてください。

①水を多く飲む
なんだそんなことかとお思いの方は、是非試してください。多くの場合これだけで痛みが改善することがあります。体内から毒素を除去するためには最適な水分摂取が必要です。
水はリンパや循環系に水分補給するので、老廃物を洗い流すことができます。
リンパは95%が水で構成されており、デトックスの重要な部分です。
脱水は、電解質のアンバラス、疲労、炎症の増加、頭痛などの症状、さらには空腹時の胃の痛みさえも引き起こします。
ある研究では、最も水を飲んだ人は頭痛の症状が改善されるを確認しています。
私のクライアントで痛みに悩んでいるならば一番最初のアドバイスは「水分を充分に補給しましょう」ということです。
1日に2ℓの水、午前中にその半分を飲むことを目標としてください。
痛みを緩和したい場合は、もっと飲むことも必要で、3リットルの水を飲むように目指していきます。
水を飲むことは、あなたが経験している慢性的な痛みを解消するのに役立ちます。

②運動とマッサージをする
関節に動きを取り入れることによって、リンパを動かし、細胞への酸素供給を高め、筋肉の緊張とけいれんを減らすことによって、あなたの自然治癒力を高めます。
日常生活に必要な痛みを軽減するために、運動やマッサージをライフスタイルに組み込みましょう!
カイロプラクターに見てもらって、神経系の最適な機能を阻害しているものを取り除いてもよいです。
これにより、姿勢が悪いことも認識できると思います。
マッサージで人にふれてもらうことによって、老廃物を排出する力になります。
定期的な調整を受けることで、背中だけでなく骨格筋全体の痛みを和らげ、背骨の健康を回復し、体のバランスをとることができます。
痛みを軽減し、必要な機能を強化するためにカイロプラクティックを試してください。

③抗炎症サプリメントを摂る
特定のサプリメントは、痛みに関連している炎症を抑える効果があります。
私は痛みのある人には、EPA、DHAを多く含む魚油と、すぐに細胞の中に入り痛みを改善するクルクミンの2つのサプリメントをオススメします。
どちらも、アイハーブというサイトで割と手軽な値段で購入することが出来ます。
この魚油とクルクミンの組み合わせは、急性と慢性の両方の痛みを緩和するのに非常に有効です。
魚油のサプリメントは、必須脂肪酸のオメガ3が多く含まれていいます。
オメガ3脂肪酸には、多くのメリットがあります。細胞間のコミュニケーションを円滑にし、修復機能を高め、免疫を強化し、関節の動きを改善し、腸の症状を治療し、炎症を抑え、体全体の健康をサポートします。
毎日3〜6gの高品質のEPAおよびDHAの魚油サプリメントを服用することを検討してください。
魚油は、慢性疾患における痛みを軽減するのに非常に効果的です。
クルクミンは、ウコンに含まれている黄色のポリフェノール化合物です。
クルクミンは炎症を抑制するのに非常に効果的であるので、癌と戦うために使用される最高の栄養素です。
1日2〜3回食事と一緒に2gのクルクミンを飲みましょう。
すぐに痛みを和らげてくれます。
クルクミンの抗炎症作用は、組織の損傷を治癒し、ヒスタミン放出と、リーキーガットや腸疾患などの消化器系の問題に関連する炎症を抑えることにより、免疫システムを強化します。

④深呼吸をする
短く浅い息は、体のストレス反応を起こします。
平均的な人は毎分12回から18回の浅い呼吸をするため、体の酸素が欠乏し、イライラするなどのストレス反応を起こします。私たちが行いたいのは、1分あたり6回の呼吸です。
短くて浅い呼吸周期は血液中の二酸化炭素レベルが上昇し、肺の炎症を増加させることが分かっています。
炎症性のストレスを軽減し、痛みを和らげるために深呼吸をする時間を作りましょう。
食事をする前や就寝前に、職場のコンピュータに座って、深呼吸を親子なって、体に酸素を取り入れましょう!
3秒間吸い。
6秒間息を止めます。
9秒間でゆっくりとはいていきます。
1日2〜3回、5分間この運動を繰り返すと、慢性的な痛みに改善が見られます。

⑤断続的な断食をする
断続的な断食は、炎症を抑えるための最も効果的な方法の1つです。
私たちの現在の食生活は、糖分を多く含む有毒な食品、加工肉、加工度の高い植物アブラなど良くないもので構成されています。健康的な食品でさえも、消化に多くのエネルギーを使います。
12時間の断続的な断食から実施していき、16時間に延長することが出来ます。
断食時には、ボーンブロス、ハーブティー、レモン水を飲むことでビタミンやミネラルを体に補給しながら、体の水分摂取量を増やします。断食は、免疫システムを改善し、炎症と戦うことが数多くの研究で示されています。断続的な断食は、胃腸を休め、体の炎症を抑え、アンチエイジングに役立ちます。
今日は、「痛みの根本原因にアプローチする5つの方法」をご紹介しました。まとめると、水を多く飲む、運動とマッサージ、サプリメント(魚油とクルクミン)、深呼吸と断続的な断食です。
これらをあなたのライフスタイルに組み込んで、痛みの根本原因を取り除きましょう。

このYouTubeチャンネルでは「Dr.ジョーンズから学んだあなたのお役に立つ健康情報」をお届けします。
是非、チャンネル登録をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP