あなたを理想の体型とエネルギーレベルに導く、魔法のアブラ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ダイエットを成功させ、エネルギーレベルをあげるためにどの程度のアブラとオメガ3を摂るべきか?

ダイエットを成功させるために、どのようにオイルを摂るべきか学びたくありませんか?

アブラの豊富な食事を勧める一方で、アブラが少ない食事を勧める人もいます。

さらに、オメガ6を取らずにオメガ3を摂りなさいと勧める人もいれば、オメガ3を取ることだけを勧める人もいます。

最近、多くの人々がオメガ3を取りすぎる危険性を主張する本をあります

何が本当に正しいのか分かりませんし、そこには様々な誤解が含まれています。

人間の可能性とパフォーマンスを最高のレベルに引き上げるために、どのようにアブラを摂るべきなんでしょうか?

脳や心臓、肝臓の機能を最適化するにはどの程度の油を摂るべきか?

適量はどんな人でも同じなのか?

今回の投稿では、よくある誤解を解き、あなたが理想の体型とエネルギーレベルを手にするには、何が必要なのかを明確にしていきます。

ダイエットを成功させて、エネルギーレベルを最高にするためにどのぐらいの油を摂取するべきか?

脂肪燃焼型(ファットバーニング)の体質にしたい場合、多くの人が食事から得られる栄養素の60%を脂肪にするべきだと言われています。

脳や体の機能、運動パフォーマンスを脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質に変えて最適化することをオススメします。

常に脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質にならなくても、多くの利点があります。

正しく脂肪燃焼型(ファットバーニング)に達した時の利点とは?

① 食欲をコントロールできるようになる。

② 減量し、理想の体型を保持するための最短の方法でもある。

③ 脳のパフォーマンスを上げ、思考をクリアにする。

④ ホルモンと内分泌機能をバランスよくする。

⑤ インシュリンの感受性を安定させる。(インシュリン抵抗性を改善する)

⑥ 睡眠効率を上げる。

⑦ 体内のLDL(悪玉)コレステロール値を減らす。

⑧エネルギーが高まる。

⑨ 老化を遅らせて、肌のシワやシミを減らす。

⑩ 神経伝達物質を安定させて、気分を安定させる。

このように、脂肪燃焼型(ファットバーニング)にする利点は沢山あります。

脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質になるためにはどうしたらよいか?

脂肪燃焼型(ファットバーニング)になるには、人それぞれで個人差があります。

なぜなら、脂肪燃焼型に転換する砂糖の摂取量の分岐点が人それぞれだからです。

太り気味だったり、糖尿病やその予備軍だったりすると、ケトーシス状態に達するためには、糖質の摂取量を30グラム以下に抑える必要があります。

50グラム程度で、45グラムの糖質は摂取しても脂肪燃焼型(ファットバーニング)の状態を維持できる人もいます。

さらに砂糖の摂取量を減らして、パフォーマンスをさらに向上させる選択を自ら取る人もいます。

 

脂肪燃焼型(ファットバーニング)に体を転換させるには?

 

脂肪燃焼型(ファットバーニング)になる最短の方法は、1日の糖質の摂取量を20グラム以下に抑えることです。

体重1キロあたり1グラムのタンパク質を目安に摂取して、たくさんの健康な油を摂取してください。

大さじ6~8杯の健康な油を食事に入れるようにしましょう。

脂肪燃焼型(ファットバーニング)になるには、だいたい2週間程度かかります。

ケトーシス計測器(KETONIX)を使って脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質になっているか確認するといいでしょう。

脂肪燃焼型(ファットバーニング)になるとケトン体の値が、ケトーシス計測器(KETONIX)で0.4~4ミリモル濃度の値が出るはずです。

これは、脂肪を生成の副産物として体内に自然に出てくるケトン体の値です

この状態にたどり着いたら、今度は以下の通りに糖質の摂取量を制限していきます。

【1 週目 】毎日の糖質摂取量を20グラム以下に抑える。

【2 週目】 毎日の糖質摂取量を30グラム以下に抑える。

【3 周目】 毎日の糖質摂取量を40グラム以下に抑える。

【4 週目】  毎日の糖質摂取量を50グラム以下に抑える。

脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質に転換される分岐点が、週ごとの糖質摂取量を増やしていくことでわかります。

 

ボーンブロスダイエット(ファスティング)で、脂肪燃焼型(ファットバーニング)のスイッチをオンする。

 

ボーンブロスダイエットでは、スタートダッシュを決めるために4日間のボーンブロスを利用したファスティングを推奨しています。

このボーンブロスによるファスティングをすることにより、次のような効果が得られます。

①砂糖燃焼型(シュガーバーニング)の体質を脂肪燃焼型(ファットバーニング)に切り替えます。

②腸のデトックスを行いリーキーガットなどの腸の不調を改善し、栄養素を吸収できる腸にします。

③食欲を抑え空腹となることが減り、本来の味覚に戻り、甘いものがやめられます。

④アンチエイジング効果を得て、いつまでも若々しい肌でいられます。

⑤血糖値が安定することにより、シュガークラッシュを防ぎ、エネルギー切れが起きない体質になります。

ボーンブロスダイエットに挑戦したあなたは、砂糖を主たるエネルギーとして活動していたシュガーバーニングの体質から、脂肪を主たるエネルギーとして活動するファットバーニングに体質を変革し、ハイパフォーマンスのライフスタイルを手に入れることができます

 

脂肪燃焼型(ファットバーニング)の体質を維持する

 

脂肪燃焼型(ファットバーニング)の体質を維持するためには、どの程度の糖質を制限するべきかわかりましたでしょうか?

通常は、最適なパフォーマンスを維持するには、摂取カロリーの60~70%の脂肪を摂取することオススメしています。

 

では、オメガ3はどれぐらい摂ればよいか?

 

オメガ3による利益と不利益をしっかり理解しましょう。

健康的なアブラは、体を適切に機能させるのに必須です。

アブラが不足すると、不健康になり、長期的には理想の体型を維持できなくなります。

さらに、健康的なアブラは細胞レベルの炎症を抑えることができます。

長年に渡って加工食品や精製された砂糖を食べ続けて受けた細胞のダメージを修復してくれます。

2種類の脂肪酸が重要で、それがオメガ3とオメガ6です。

これらは多価不飽和脂肪酸と言われ、脳や体の機能を最適にしパフォーマンスを高めるために欠かせないものです。

オメガ3には主に3種類の脂肪酸があります。.

① α-リノレン酸 (ALA).

② エイコサペンタエン酸 (EPA)

③ ドコサヘキサエン酸 (DHA)

一方、オメガ6は、リノール酸とアラキドン酸で構成されています。

オメガ3とオメガ6は、実は両方とも重要です。

これらの多価不飽和脂肪酸は、人間の体内では作り出すことができないからです。

オメガ3は特に重要で、多くの人が不足しがちです。

オメガ6とオメガ3の適切な比率は専門家の間でまだまだ意見が分かれています。

私達ヘルスコンサルタントは、4:1(オメガ6:オメガ3、以下同順)と勧めていますが、一般的な食生活をするとオメガ6の比率が圧倒的に高くなってしまいます。

現代人は、30:1とか50:1の比率でオメガ6とオメガ3を摂取していると言われています。

オメガ6の比率が高すぎると、プロスタグランジンE 2 という生理活性物質が増えて、炎症が促進されます。

オメガ3は、一方で炎症を抑える効果があります。

そのため、多くの人は、オメガ6の摂取量を減らしオメガ3の摂取量を増やして比率のバランスを取ることが望まれます。

オメガ3は、サーモンやニシン、サバ、マグロ、オヒョウ(カレイ)、海藻類、オキアミなどに含まれます。

さらに、特定の野菜やナッツ類にも含まれています。

ただし、オメガ3を取りすぎている人も最近増えてきています。

いつ、そして、なぜそうなるかをお伝えします。

 

なぜオメガ3が重要なのか?

 

オメガ3のEPA, DHAとALAが体内のすべての細胞膜を形成します。

細胞膜が細胞同士のコミュニケーションを円滑にする役割があり、細胞内で起こっていることを監督しています。

これらの脂肪酸が健康な細胞を維持するのに欠かせないわけですが、脳や神経システムにもオメガ3が必須なのです。

これがオメガ3が、脳の機能とパフォーマンスを最大にする理由です!

オメガ3の脂肪酸の利点に関する研究が毎年のように行われていますが、健康に良いという事実がどんどん発見されています。

炎症を抑える脂肪酸であるため、炎症によって引き起こされる病気を予防することもでき、気分や態度、脳の認知力の改善をするとも言われています。

研究によって発見されたオメガ 3のその他の利点には、次のようなものがあります。

①アスリートにオメガ3のサプリメントを与えると、パフォーマンスが向上することがわかっています。主には、筋肉の成長を促進し、肉体を強くし、エクササイズによる筋肉ダメージを抑え、免疫システムの機能も向上します。

オメガ3はドーパミンとセロトニンの分泌を増やす作用がありますこれにより脳がリラックスし幸せを感じやすくなることがわかっています。うつ病の患者にオメガ3のサプリメントを処方する実験も行われています。

③加齢黄斑変性に対するオメガ3の効果も研究されており、魚を多く食べる人は、加齢黄斑変性になりにくいと言われています。

④オメガ3の脂肪酸は、間接的に血圧を下げる働きがあるとわかっており、心臓病予防にもつながります。心筋梗塞のリスクも減らすと言われています。

オメガ3の脂肪酸は関節リウマチの痛みを軽減すると言われています。炎症を抑える作用があるからで、骨を強くし、骨粗鬆症の痛みを改善させるのにも効果があると言われています。

オメガ3の脂肪酸がとても重要であることがわかったと思いますが「どうやって食事に取り入れたら良いか?」さらに「どういう時に取りすぎになるのか?」をみていきましょう。

 

オメガ3の最も良い摂り方

ALA、DHA とEPA を、それぞれ違う食べ物から摂ることが重要です。

体は、ALAをDHAやEPAに転換させることができますが、DHAやEPAを食事に入れるほどの効率性は見込めません。

DHAとEPAを多く含む食品は、魚介類やグラスフェッドで自然放牧・飼育で育った乳製品や卵、畜産品です。

ALAは多くの植物に含まれています。

 

オメガ3摂取にベストな食品

 

①魚(サーモン、ニシン、サバ、牡蠣、マグロ、オヒョウ、イワシ、サーディン、マス)

②卵、グラスフェッド牛から取れる乳製品と肉

③亜麻仁、くるみ、かぼちゃの種 ※亜麻仁と亜麻仁油は要冷蔵で亜麻仁はすり潰したら24時間以内に食べること

④緑葉系野菜、芽キャベツ、ケール、ほうれん草、オランダガラシ (ALAのみ含有)

⑤肝油

サプリメントでフィッシュオイルやクリルオイルを摂取することも可能ですが、十分な量を取ってください。

さらに、サプリメントの品質には気をつけましょう。

魚の脂質はすべて均一ではありません。

汚染されていたり、酸化した魚のオイルは効果がなく、逆に有害ですので十分注意しましょう。

オメガ3の過剰摂取とは?

オメガ3をいつ摂るべきで、適量とはどの程度なのか?

アメリカでは、オメガ3が大流行して、過剰にオメガ3を摂取する人が増えてきているそうです。

以下の点が過剰な摂取による副作用です。

① 腸内にガスが溜まり膨張する

② 免疫システム不全

③ ウィルスやバクテリアの感染症に対する免疫反応不全

④ ガンや心臓病のリスクの上昇

過剰にオメガ3を取るとこのような副作用が予想されます。

私のダイエットコースや、ヘルスコンサルコースのクライアントさんには、オーダーメイドプランで摂取する量などを決めていきます。

ダイエットコースを受講しない方の場合は、どうするか?

例えば、穀物のような食品を数ヶ月前まで長年食べ続けてきた人には尋ねます。

おそらく、オメガ6とオメガ3の比率が30:1など、オメガ6に偏っているでしょう。

外食中心の人はさらに多いかもしれません。

サプリメントでフィッシュオイルやクリルオイルを摂取することをオススメしています。

オメガ3のサプリメントを摂ることにより、パフォーマンスが向上し、さらに健康的になっていく人が多いです。

 

良質なアブラが人間のパフォーマンスを向上させる

脂肪燃焼型体質(ファットバーニング)になるには、その人の過去の食生活など、個人差があることはわかりましたでしょうか?

健康的なアブラを摂るとあなたの健康に寄与することもわかったと思います。

かなり厳密に科学的に脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質に転換される分岐点となる糖質の量がわかると思います。

最短で脂肪燃焼型体質になるには、糖質を制限し、体重1キロ当たり1グラムのタンパク質を摂り、摂取カロリーの60~75%の食事を脂質から取るようにしましょう。

だいたい大さじ6~8杯のアブラを一回の食事に加えるということです。

そんなに難しくなさそうですよね?

脂肪燃焼型(ファットバーニング)体質になるには2~6週間程度かかりますが、適切なアブラの摂取量も人によって個人差があります。

さらにオメガ3は重要な脂肪酸で、飽和脂肪酸や一価不和脂肪酸のように体内で自ら作ることができません。

多くの現代人は、オメガ3を摂る必要がありますが、摂りすぎには気をつけましょう。

サプリメントの摂りすぎは体にとって有害で、病気や生理現象の異常を引き起こします。

マンツーマンのカスタムプランがない場合は、製品のガイドラインに従って飲んでください。

オメガ6は、多くの外食やお弁当などに含まれています。

いわゆる植物油と言われているものが、オメガ6です。

簡単に取れて過剰摂取になりがちなので、意識して取らなくてもよいアブラです。

摂りすぎないように気をつけましょう。

さらに、グラスフェッド牛のバターやギー、チーズ、ケフィアもオススメです。

共役リノール酸という良いオメガ6が含まれているからです。

健康な動物性脂もお勧めです。

ラクトース、カゼインにアレルギーがある場合は、ギーをお勧めします。

あなたの可能性とパフォーマンスをさらに引き出し、あなたの健康状態とエネルギーレベルを想像できないような、さらに上の段階に引き上げることが、この情報でできると信じています。

ボーンブロスダイエット(ファスティング)の方法をさらに知りたい、脂肪を燃やしたい、エネルギーレベルを高め、生産性を高めたい方に、それを簡単に可能にした私たちのノウハウをお伝えしています!

まずは、メルマガに登録して、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを手に入れてください。

あなたの理想の体型、健康状態、エネルギーレベルへの道しるべになるものと確認しています。

あなたの健康とエネルギー豊かなライフスタイルを手に入れましょう!

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP