基本のボーンブロスの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、様々な料理に応用できる基本のボーンブロスの作り方をご紹介します。

使う食材はこだわりをもって、自然なものを使っていきましょう。

栄養価が全く異なってきます。

・牛であれば、牧草牛(グラスフェッド牛)の骨

・鶏であれば、平飼い(地鶏)の骨

・魚であれば、養殖ではなく、天然のものを使用しましょう

・豚は基本穀物を食べているのでNGにしています。

放牧豚などが見つかれば使ってみてもおいしいかもしれません。

 

準備時間:15分 料理時間:ブロスのタイプに依存 量:2.5リットル

【材料】

•ニンジン 2本(切らない)

•セロリの茎、葉の部分を含む 2本(大まかに切る)

•玉ねぎ中 1個(大まかに切ったもの)

•ニンニク 3片(皮をむいて砕いたもの、オプション)

•牧草牛(グラスフェッド牛)の骨 1.6kg(関節とナックルが好ましい)
– または、平飼い地鶏のガラ骨(体および手羽やもみじ)1.0kg以上、
または、太もも、または足、または 七面鳥1羽

•ピンクヒマラヤ岩塩 小さじ2

•アップルサイダービネガー  大さじ2

【作り方】

①野菜、ニンニク、骨を鍋に入れます。

②塩を振りかけて、酢を入れ、すべてを2.5cm(約2リットル)ほど、骨が隠れるのに十分な水を加え蓋をします。

③牛肉の場合は8〜12時間、鶏肉や七面鳥の場合は、約6〜8時間、低温で煮る。

④アクが出てきたらすくう。

⑤ボーンブロスを細かいストレーナーまたは、ざるに注ぎ、固形物を取り除く。

⑥ボーンブロスの味を確認すし、さらに必要に応じて塩を加える。

⑦ブロスを冷やす。冷蔵庫で3日間、冷凍庫で3ヶ月間保管できます。

このレシピ集では、レシピを準備する2つの方法があります。

•方法1は、このぺージの基本のボーンブロスを準備している場合。

•方法2は、このページの基本のボーンブロスをゼロから作成する場合。

方法1:ボーンブロスを準備し保存しているので、ボーンブロスの成分を加えることでレシピが完成します。
ボーンブロスを10分~15分加熱して利用してください。

方法2:このレシピをゼロから作成する必要があります。

レシピによって、必要なボーンブロスの量が異なるので、材料を調整して作ってみてください。

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP