「畜産農家は人間の健康リスクのために動物への抗生物質の使用を止めなければならない」とWHOが警告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家畜への抗生物質の過剰使用が、人における薬剤耐性に大きく影響しており、重大な健康への問題が発生していると世界保険機構が警告しました。

日本では、ほとんど話題にもなっていないですが、世界保健機構(WHO)が重大な警告を発しています。

世界保険機構(WHO)の警告概要

世界保険機構(WHO)は、人間の健康に重大なリスクをもたらすため、畜産農家は食糧のために飼育された動物に強力な抗生物質を使用することを考えなければならないと警告しました。

世界的機関からの新しいガイドラインによれば、生産者は、アジアや米国を含む世界の一部の地域で一般的に行われているように、健全な動物の成長を促進し、病気を予防するための抗生物質の日常的な使用を止めるべきである

このような日常的な使用はヨーロッパでは禁止されています。

家畜に抗菌薬を使用することは、強力なスーパーバグ(従来の抗生物質がすべて効かない薬剤耐性菌)の発生の主な原因の1つとなっています。

医療当局は、このような抵抗が急速に高まったため、比較的軽微なヒトの病気でさえも治療できる抗生物質がなくなっていると警告しています。

つまりは、人が病気になったときに薬が効かなくなってきているのです。

英国の医師代理のサリー・デイビス(Same Davies)医師は、今から10年後、股関節置換術のような以前からの日常的かつ低リスクの手術でさえも、薬への耐性が生まれることにより、感染の危険性があがり危険になるかもしれないと繰り返し警告しています。

WHOは、一部の国では、抗生物質の使用量の80%が家畜に使用されていると報じています。

成長を促進するために病気の予防などを目的とした日常的な使用が禁止されている一部の国でさえも、人間よりも多くの抗生物質が動物に使用されているのです。

人に影響を及ぼす致命的な感染症の最後の手段となるであろう「最も強い抗生物質」の使用は、動物への使用は全面的に禁止されなければならない、と指針は示唆しています。

WHOによれば、食品生産のための家畜で病気が診断された場合であっても、これは適用されるべきである。

これを実施すると、病気の治癒を試みるのではなく、病気の感染の広がりを止めるために動物を隔離したり、殺処分したり、病気の牛群を淘汰したりする必要があります。

WHOによると、このような抗生物質の動物への使用は、人間の健康を守るためには重要ではあるが、農家にとって財務上のリスクを増大させるため、この勧告は不評です。

(日本では、どういう訳か全くニュースになりません。)

そして、このガイドラインを受け入れるか否かは、各国政府に委ねられており、WHOが強制的に実施する権限はない。

ランセット・プラネタリー・ヘルス(The Lancet Planetary Health)に掲載された新しい研究では、農場での抗生物質の使用を制限することで、家畜の抗生物質耐性菌が39%まで減少することが示されました。

WHOは、新しいガイドラインを知らせるためにこの研究を使用したとのことです。

人への抗生物質の使用のためには、残っている有効な抗生物質を制限することが非常に重要です。

抗生物質は、だんだんと利用可能な代替物質がほとんどなく「現在の研究に有望な選択肢はほとんどない」と警告しています。

WHOのTedros Adhanom Ghebreyesus局長は次のように述べている。

効果的な抗生物質の欠如は、突然現れる致命的な疾病の発生と同様に、深刻な安全保障上の脅威である。私たちが抗菌剤耐性の潮流を元に戻し、世界を安全に保つためには、すべての分野で強力かつ持続的な行動が不可欠です。」

抗生物質を日常的に打たれて育った家畜たちは、薬に耐性のある細菌を発生させ、農場労働者との接触や食物を通して直接的に人に感染することが考えられます。

英国のガーディアンの報告によると、英国のスーパーマーケットの豚肉の重要なサンプルには、スーパーバグ(従来の抗生物質がすべて効かない薬剤耐性菌)含まれていたり、人がその病原体に感染する危険性を指摘しています。

WHOの食品安全局長である宮城和昭氏は、農場での抗生物質使用と人の健康へのリスクとの関連性は明らかであると語っています。

動物における抗生物質の過剰使用が抗生物質耐性の発生に影響しているとの科学的証拠がある。動物に使用される抗生物質の量は、集中した大規模畜産業を通じて生産される家畜の食品に対する需要の増加に伴い、世界的に増加し続けている。」

London School of Hygiene&Tropical MedicineのClare Chandler博士は次のように述べています。

これはWHOからの歓迎すべき勧告です。抗生物質の使用を減らすために生産者がこれらの勧告に従うことはチャレンジであろうが、大規模な生産者にとっては可能である。世界中の小規模農家の多くは、動物飼料を補う抗生物質に依存しており、生活や生計に影響を与えるこの変化には支援が必要となるでしょう。」

英国ガーディアンは、調査報道部の局との共同調査で、英国の大規模農場が増加していることも発見しました

世界中に大規模農場が増加しており、こうした大規模農場では、数百の家畜の群れが同時に扱われるため、抗生物質耐性と結びついています。

ボーンブロスに使う骨は?

こういったことをふまえると、ボーンブロスに使用する骨は、その家畜がなにを食べて育ったかまで、考える必要があることがわかります。

穀物を食べて育った家畜は、牛舎に閉じ込められて太らされて、成人病の状態であり、病気になりやすい。

ホルモン剤や、抗生物質を日常的に摂取させられて育った家畜も多くいます。

穀物飼料は、GMO(遺伝子組み換え穀物)や、グリホサートなどの農薬の問題も抱えています。

これら、穀物飼料を食べて育った家畜の食肉や、骨の髄液には、ホルモン剤や抗生物質が濃縮されて含まれています。

ボーンブロスダイエットや、ファスティングに利用する動物の骨は、健康的なものに限定していきましょう。

ボーンブロスに推奨する骨

①牧草牛(グラスフェッド)の牛の骨 ※牧草牛の骨がファーストチョイス

②平飼いの鶏の骨(地鶏の骨)

③天然の魚の骨

(豚の多くは、穀物を飼料として食べているため、NGとする)

 

「草が牛を育て、牛が牧場をつくる。」北里八雲牛は畜産の未来!

完全なグラスフェッドであるグリーンフェッド牛を育てている北里八雲牧場の理念は「草が牛を育て、牛が牧場をつくる。」

完全循環型の牧場です。

牛が草を食べて育ち、糞が堆肥となり、そして堆肥が草を育てる。

そこにホルモン剤や、化学肥料は入ってきません。

こういった環境で育つ牛たちは、健康的で病気にもなりにくく、抗生物質の投与も必要最低限になっています。

WHOの勧告は、人の未来の健康にかかわる重要なものです。

生計のために、より効率よく製品を生産する農家の方の考えももちろん理解します。

しかしながら、人の健康を害していくことが、本当に長い目でみて低コストなんでしょうか?

私たちは、どういった社会をつくりたいのか、選択して行く時期が近づいているのではないでしょうか?

そして、私たちひとり1人が、自ら食べるものを選択できるような社会の実現をしていきましょう!

この日本初のグリーンフェッド牛のボーンブロス「八雲」を商品化するプロジェクトを推進しています。

皆さまの美容と健康に答えられる商品を世に出したいと思いますので、ご期待ください!

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP