ボーンブロスから得られる7つの効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、ボーンブロスをご存知ですか?

ボーンブロスは、消化器系を癒すための最も栄養の高い、癒しの食品の1つであり、健康的な食事の方法を始めるための第一歩でもあり、その他の健康上の懸念に関連する症状を解決するのに最適な方法でもあります。

ボーンブロスは、コラーゲン、アミノ酸、そして多くの微量ミネラルを提供してくれます。

ボーンブロスは、今までは通常廃棄される動物の部分から作られています。

骨や骨髄、皮膚や足、腱や靭帯などがあり、これらはすべて単独で料理して食べられませんが、ゆっくりと煮詰めると、さまざまな栄養素が溶け出してきます。

ボーンブロスは数日かけてゆっくりと煮詰めます。(スロークッカーなどで、沸騰させないで煮出すと栄養素が壊れません。)

通常、骨のほかに野菜や新鮮なハーブが含まれており、すべての栄養素となる成分を煮出します。

ボーンブロスを飲むメリットは次のとおりです。

  • 細菌やウィルスによる一般的な病気やアレルギーに対抗する強い免疫力
  • リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)、IBS(過敏性腸症候群)またはIBD(炎症性腸疾患)のような消化器疾患に関連する症状の軽減
  • 鼓腸(腸内にガスが充満して腹部が膨れる)、下痢、ガス、酸逆流および便秘が改善し、消化吸収が促進される
  • 関節、靭帯および腱の改善
  • コラーゲンが豊富でより若々しい肌
  • カルシウムの吸収を助け強い骨
  • カルシウム、リン、マグネシウム、カリウムなどの重要なミネラルの摂取量が多い

ボーンブロス・ファスティング(ボーンブロスを使った断食)とはどのようなものですか?

ボーンブロスを、1日に数回は消費しますが、それ以外の固形物は食べません。

ファスティングは、誰にとっても、カロリー摂取量を大幅に減らし、栄養素をほとんど摂取しないため、ある種のリスクが生じます。

しかし、正しく選ばれた食材でボーンブロスを作れば、グリシン、アルギニン、プロリンのような重要なアミノ酸(タンパク質を形成するもの)を含む多量栄養素(タンパク質と脂質)と微量栄養素(ビタミン・ミネラル)詰まっているので、ファスティング時にボーンブロスを摂取することは理想的です。

ビタミンおよびミネラル、コラーゲン、電解質、グルコサミンのような抗酸化物質も含まれます。

ボーンブロス・ダイエットプログラム(アドバンスプラン)では、スタートアップで、3〜4日間の間の断食を行います。

この間、ボーン゛ロスの4~6リットルを毎日飲み、問題のある食品(NG食品)を排除します。

ボ―ブロスを、他のタイプの断食と比較して違うところは、1つは、健康な身体組織を作り出すために必要なタンパク質の一種であるコラーゲンを得られることです。

コラーゲンは、骨髄、皮膚、および関節、腱、靭帯および軟骨を形成する組織内の骨の中、消化管の内側に見られます。

コラーゲンの中には、プロリンやグリシンのようなアミノ酸やゼラチンを含む他の特別な栄養素があります。

これらはすべて、体には必要不可欠で多くの利点をもたらします。

ボーンブロスから得られる7つ効能

私たちがボーンブロスを摂取することのメリットに没頭する前に、まず断食の多くのメリットについてみていきましょう。

断食は、太古の時代より実施され様々な効果を発揮し、健康を促進することが示されています。

  • 体重が減少し、体重の維持を助ける
  • 空腹時のインスリンレベルを低下させ、血糖値を安定させる
  • コレステロールを減少させる
  • 脂肪を燃やすために重要なヒト成長ホルモンの分泌を促進する
  • 糖尿病、癌および心臓の合併症などの疾患のリスクを低減する
  • グレリン(食欲を増加させるホルモン)を制御して食欲を正常化する
  • トリグリセリド(中性脂肪)を低下させる
  • 老化プロセスを遅らせ、アンチエイジング効果がある
  • プロのアスリートの体重と健康に寄与する

ボーンブロスが、具体的にあなたにどんなメリットをもたらすことができるのか?

1.消化器の機能を改善する

ボーンブロスは、胃腸管の内層を構成する組織を形成するのに必要なタンパク質の一種であるコラーゲンの天然源の一つです。

コラーゲンは消化管の内層を保護し、鎮静させ、リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)、IBS症状(検査で異常はないのに下痢腹痛の症状)、クローン病、潰瘍性大腸炎および酸逆流の改善がはかれます。

IBD患者では、消化器系でコラーゲンが少なかったことが分かっています。

ボーンブロスの摂取量の増加は、消化管内膜の粘膜を強化し、正常化させ、小さな穴を閉鎖し、消化不良の食物粒子および化学物質を消化管から血流に漏出させるのを防ぐことができます。

コラーゲンが分解すると  ゼラチンが形成され、乳製品やグルテン、卵などの食品アレルギーに敏感な人の症状を改善します。

ボーンブロスのゼラチンには、アルギニン、グリシン、グルタミン、プロリンと呼ばれる「条件付き」アミノ酸が含まれています。

これらにはアンチエイジング効果があります。

コラーゲンに含まれるゼラチンと、これらのアミノ酸は、プロバイオティクスのバランスと成長を促進し、タンパク質を分解し、リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)および自己免疫疾患の症状を軽減するのに役立ちます。

2.肌を若返らせ輝かせる

コラーゲンは、肌の強さ、滑らかさ、弾力性と、若々しい外見をを形成するのに役立ちます。

実際、研究は、コラーゲン摂取量が多いと、皮膚バリヤー機能の改善、水分増加の増加、シワ及びたるみなど、皮膚の加齢の症状の減少に関連することを発見しています。

わずか数日で改善が見られることはありませんが、コラーゲン摂取量が多いほど、セルライトのが減少することも知られています。

セルライトは、コラーゲンから作られた結合組織がないために発症する。

3.重要なミネラルを摂取できる

現代の食事では、高いエネルギー、免疫力、消化などに必要で重要な微量ミネラルの一部が不足しがちになっています。

ボーンブロスは、動物の骨や、多くのミネラルが濃縮されている部分から作られているため、カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、サルフェート(硫酸塩)、フッ化物などの必須栄養素、ミネラル、電解質を含んでいます。

これは、電解質の不均衡(下肢つり、頭痛、倦怠感等)、疲れ、脳の霧(集中力散漫や短期記憶の不正確)、うっ血、筋肉痙攣、衰弱時にに起こりうる脱水症状を防ぐのに役立ちます  。

4.筋肉が痩せるのを防ぐ

数あるファスティングは、筋肉の喪失に起因する体重の減少が起こります。

幸いなことに、ボーンブロス・ファスティングをしている間は、グリシンやプロリンなどのアミノ酸を得ることができ、筋肉の貴重なタンパク質組織の破壊を防ぎます。

実際、ボーンブロスは筋肉の回復に役立ち、豊富に含まれていいるコラーゲンは関節痛を軽減し、緊張した筋肉を自然に緩める作用があります。

グリシンには実に様々な効果がある重要なアミノ酸です。

筋肉を構築し、細胞でエネルギーに使用される栄養素を取り込む、血糖値をコントロールし、ヒト成長ホルモンを合成します。

グリシンは、肝臓で起こる糖新生の過程において役割を果たすため 、カロリーや炭水化物がほとんど消費されていなくても、細胞にエネルギー源を提供することができます。

グリシンは、筋肉の衰弱を予防するのに役立ちます。

5.肝臓と消化器系のデトックスを行う

ボーンブロスを摂取することは、最も強力なデトックス剤の1つである抗酸化グルタチオンの供給を高めます。

グリシンは、肝臓が過剰な化学物質、貯蔵ホルモンおよび他の老廃物を排出するのに役立つグルタチオンの生成に必要な先駆物質である。

グルタチオンは、からだの抗酸化物質で、アンチエイジング(老化防止)効果や放射線障害予防などデトックスの効果があります。

他のミネラル、酸および電解質はまた、酢酸(アップルサイダービネガー(ボーンブロスレシピに添加される)、マグネシウムおよびサルフェートに含まれる)を含むデトックスを促進します。

6.免疫力を高める

ボーンブロス・ファスティングは、腸内に生息する有益な微生物(マイクロ・バイオーム)を増やすことができます。

有益なマイクロ・バイオームの増加は、強い免疫力と高い相関にあります。

その他にも、ホルモンバランスを整えたり、ダイエットのような多くの健康面とも関連があります。

プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など)と呼ばれる良好な細菌は、実際に炎症を抑えるのに役立つ特定の遺伝子の働きを促し、良くない症状を抑制することができます。

発酵食品と一緒にボーンブロスを摂取することは、全体的な健康を改善するために最も古くから用いられている方法です。

7.睡眠、記憶力および認知を改善することができる

ボーンブロスに含まれるアミノ酸は、私たちの睡眠を助ける化学物質やホルモンの生成を助けることが分かっています。

例えば、グリシンの摂取量が多い ほど、眠れなかった人が安静に眠れたり、不安の症状が軽減し、精神的能力が向上します。

さらには記憶力が向上するのに役立ちます。

ボーンブロスは、カリウム、マグネシウム、ナトリウムなどの重要な電解質を得るための素晴らしい方法でもあります。

これらのミネラルは、エネルギーを持続するのに役立ち、筋肉、神経、消化器および認知機能にとって重要です。

例えば、マグネシウムは、頭痛、不穏、睡眠中の筋肉痙攣、筋肉痛および消化不良を軽減するのに役立ちます。

ボーンブロス・ダイエット(ファスティング)に適している人はどんな人ですか?

ボーンブロス・ダイエット(ファスティング)が、あなたにどのようによいか知っていますか?

ボーンブロス・ファスティングから最もメリットを受けることができる人は次のような人です。

  • 消化障害(リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)、炎症性腸疾患またはIBS症状(検査で異常はないのに下痢・腹痛の症状)などを有する人
  • 食物アレルギー(グルテン、卵、乳製品など)に苦しんでいる人
  • 胃の膨満感、ガス、便秘のような消化器症状を頻繁に起こしやすい人
  • 頻繁に病気を罹ったり、喘息を患ったり、呼吸器系の疾患、アトピー性皮膚炎など、免疫機能低下の徴候がある人
  • 自己免疫疾患の症状、疲労、倦怠感がある人
  • 薬物の副作用がでている人
  • 関節痛または関節炎を有する人
  • 高いエネルギーを得ようとする人
  • 肌の荒れやシワを改善したい人、もっときれいな肌を手に入れたい人

GAPSダイエットや低炭水化物ダイエットなど、他のファスティングやダイエット法を試している人は、ボーンブロスを早く試すことで恩恵を受ける可能性があります。

GAPSダイエットや低炭水化物ダイエットは、消化器系および免疫系の障害に苦しんでいる人たちにとって、重大な利益をもたらす食事制限法の2つの例にすぎません。

ボーンブロスは一般的なアレルゲン成分がなく、特定の食品を制限すると不足しやすい豊富な栄養源が多く含まれているので、代謝が非常にシンプルで体質改善のための優れたダイエット法です。

ボーンブロスは、クローン病、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群およびIBS症状によって引き起こされるような炎症性腸疾患症状を抑制するためには効果的な方法です。

ボーンブロスは、消化器系の癒合(傷がなおって、傷口がふさがること)を助け、腸内の発酵を減らし、ガス蓄積を減らし、腸の漏れおよび炎症を防ぐのに効果的です。

GAPSダイエット中の人にとって非常に大事なことは、毎食、肉やバター、ギー、ココナッツオイル、オリーブオイルなどの天然の脂質をたくさん取る事です。

なかでも、ボーンブロスはファーストチョイスの食事と言えるでしょう。

なぜなら食事に含まれる脂質は、血糖値を調整し、炭水化物の過食を抑制し、コントロールできるからです。

毎食、ボーンブロスを飲むことをお勧めします。

最初のフェーズでは、手作りのボーンブロス(1日あたりの1.1リットル程度まで)、澱粉質の野菜、肉、魚、自家発酵食品を摂ります。

どのようにボーンブロスダイエットを行いますか?

ボーンブロス・ダイエットは、あなたのニーズと目標に合うように、カスタマイズができるダイエット法であり、フォローが簡単です。

高価なサプリメントをたくさん買う必要はありません。

多額の投資も必要なく、多くのリスクを抱えることなく、リバウンドせず、長期間持続可能なダイエット法です。

私は、これをダイエットではなく、ライフスタイリングとよんでいます。

ボーンブロスを、安全に試す方法

  • スタートダッシュのため、3〜4日間のファスティング計画を立てましょう。このスタート期間は、消化管内の有害な腸内細菌を殺し、消化管を修復し、プロバイオティクスで消化管を再生するのに最適です。砂糖で燃えていた体を脂質で燃える体質に切り替える期間でもあります。これより長くファスティングをすることも可能ですが、特定の人にとっては、疲労や不測のリスクも高まります。インターミッテントファスティング(間欠的な断食)を計画している場合は、3ヶ月以上の期間を継続すると効果的です。
  • ファスティング期間中は、ボーンブロスを1~1.1リットルを摂取します。ボーンブロスをあなた自身が作ることは、高品質のボーンブロスをつくるための最良の方法であり、多額の費用をかけるものでもありません。
  • 穀物、包装された加工スナック、砂糖、複合炭水化物、甘味飲料、乳製品および精製植物油を含む、ボーンブロスダイエット中のすべてのNG食品、炎症おこす食物を排除することが理想的です。ファスティング終了後は、Bone broth diet food road mapの緑のラインにある食品に食生活を近づけていきましょう。健康な脂肪、クリーンなタンパク質、果物、野菜などの美味しくて健康的な食品を食べることができます。
  • 大きな鍋で1〜2回あなたのスープを作って、小分けして冷蔵、冷凍すると新鮮な状態を保てます。冷蔵で5日、冷凍で3ヶ月間保存できます。塩、コショウ、酢などの成分を加え、好みの調味料を加えて、1日を通してボーンブロスを飲みましょう。冷蔵庫で冷やすと、脂分が分離されます。脂が気になる場合は、脂を取り除きましょう。この脂は栄養価が高く、後に料理に使えるので保存しましょう。
  • 午前中は完全無欠コーヒーやボーンブロスのみで過ごすことによって、1日のうち13-16時間(通常は夕食後、翌昼12時まで)、固形物を食べないことで、インターミッテントファスティング(断続的な断食)ができます。

一度に飲む量は、200~300mlが適量です。この200~300mlは、例えば、午前7時、午前10時、午後1時、午後4時、午後7時に約5回服用しなければなりません。お腹が空くようであれば、回数を増やすこともできます。

健康なバクテリアの摂取量を増やすために、早急にプロバイオティクス、プレバイオティクス(発行食品)を消費することも良い考えです。

あなたがファスティングをしない場合で、ボーンブロスの効能を得たい場合には、スープ、普通の飲み物または他のレシピに、毎日200ml程度のスープを1日1回または2回摂取することから始めましょう。

ボーンブロスファスティングが終わったら、どのような食事をしたら良いか?

ボーンブロスファスティングを実行すると、健康的なライフスタイリングをする良いきっかけとなります。

ファスティングの後に食べたもので、不快感を感じたものはもともと良くない食物であり排除していきます。

さらに、より強力な消化器系と免疫系を再建するための第一歩となります。

断食の後は、糖質の入っていないスムージーなどを飲み回復期間を経て、ローフード(生の魚や、レアのお肉など)を7日間続けます。

ボーンブロスファスティングの4日間と、このローフードの期間で徹底的に悪玉菌を死滅し排出します。

その後のファスティング7~9日後に、毎日少なくとも1~2杯のボーンブロスと、発酵食品(キムチなど)、プロバイオティクスサプリメントを摂取してファスティングの効果を延長することができます。

ボーンブロスファスティングは、その後の食生活を通じて、どの食品が鼓腸、低エネルギーまたは下痢のような症状を誘発するかを特定することが可能です。

グルテンや乳製品、卵などの一般的なアレルゲンを排除するため、エネルギーレベルの改善と消化の改善ができるかもしれません。

もちろん、長期間にわたりボーンブロスで絶食させることは出来ませんが、消化器系をデトックス、リスタートして今出ている症状を解消するのに役立ちます。

ボーンブロスファスティングに関する注意事項

ファスティング(断食)には、多くのメリットがありますが、一部の人には注意が必要です。

ボーンブロスを、すばやく行うことを避けるべき人々は以下の通りです。

  • 低血糖の人
  • 妊娠中または授乳中の女性
  • 痩せ気味で体重が不足または栄養不良を伴う病気(摂食障害、消化障害など)の人
  • 糖尿病の人(糖尿病の方でファスティングを希望する場合は必ず医師と相談すること)
  • 毎日投薬を受けることに頼っている人(固形医薬品を食べる必要がある)

ファスティング(断食)の効果や体感は人それぞれであることを認識する必要があります。

体調に合わせて決して無理をしないようにしてください。

  • 辛い、疲れを感じるまたは非常に空腹であると感じている場合は食べること。
  • 十分な睡眠と休息を取るようにすること。
  • 自分に不可をかけたり、激しく運動させたりしないでください。(リラックスすることが必要です。)
  • あなたの体に耳を傾けてみる。

ボーンブロスファスティングを、年に数回3~4日間するのは安全です。

3〜4日間以上の断食は、さまざまなリスクが発生するため、おススメしません。

ボーンブロスダイエットを継続していくと、体の変化に敏感になります。

あなたの体の声をよく聴きながら、ダイエットをすすめていきましょう!

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP