基本のラムボーンブロスの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、ラムの骨を使った基本のラムボーンブロスの作り方を紹介します。

ラムは、放牧されていることが多く、グラスフェッド牛についで、健康にも貢献するとても良い骨です。

ラムのスープは、ゼラチンが豊富な牛のスープと同様に豊富な栄養を供給します。

たまに、ラムであっても「グレインフェッド」と書かれて健康的なイメージで売られているものがありますが、「グレインフェッド」は、穀物を食べているということであり、その肉には様々な毒素(農薬、抗生物質など)が含まれています。

これらは、ボーンブロスの材料には向いていません。避けて行きましょう!

より自然に近い材料を選んでいきましょう。

【材料】

  • エキストラバージンオリーブオイル 1/4カップ 
  • ラムボーン 1kg
  • 濾過水 2リットル
  • ニンジン 2本。 (皮をむいて大まかに切る)
  • セロリの茎 2本 (大まかに切る)
  • ニンニク 3クローブ
  • タマネギ、1個 (皮を剥いて4等分する)
  • ベイリーフ 1枚
  • アップルサイダービネガー 大さじ2
  • 海塩、新鮮な黒胡椒

【作り方】

①オーブンを、200°Cに予熱する。
②耐熱キャセロール皿に、ココナッツオイルを溶かして入れます。
③ラムボーンを加えてココナッツオイルでコートする。
④蓋をして、キャセロール皿をオーブンに移し、30分または骨が茶色になるまで焼く。
⑤スロークッカーあるいは炊飯器に移し、ろ過した水で覆い、調味料を含む残りの成分を加えます。
⑥沸騰させ、熱をできるだけ弱くして、4〜6時間煮る。
⑦必要に応じて、時折濾過水を少し追加してください。
⑧熱を取り除き、冷やしてから、脂肪が凝固するまで冷やして冷まします。
⑨脂肪(脂)を取り除き、冷蔵庫や冷凍庫の密閉容器に入れておくか、アイスキューブトレイで凍らせます。

 

あなたの健康とエネルギー豊かな生活のために。

↓メルマガ登録して頂いた方には、ボーンブロスダイエット・フードロードマップを無料プレゼント中です。

登録後にダウンロード出来ます!

メルマガ登録で「ボーンブロスダイエット・フードロードマップ」を無料プレゼント中

 

↓5月16日(水)~17日(木) 2000人健康イベントのスポンサーになりました。

 ボーンブロスダイエット・ブースも出展しますので、遊びに来てくださいね! in 新宿

『Life Wellness Mastary』イベントページはこちらから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

PAGE TOP